秒あたりの命令数 に ヨタ-IPS

   

  科学的記数法の数


計算機へのダイレクトリンク:
https://www.tani-o-henkan-suru.info/Byo-atari+no+meirei-su+o+Yota-IPS+e+henkan+suru.php



秒あたりの命令数 を ヨタ-IPS へ変換する (秒あたりの命令数 を YIPS):

  1. 選択リストから適切なカテゴリを選択します, この場合は'コンピュータの性能 (IPS)'です.
  2. 次に変換する数値を入力します. 基本的な計算である、加算 (+)、減算 (-)、乗算 (*, x)、除算 (/, :, ÷)、指数 (^)、平方根 (√)、括弧、π (pi) はすべてこの時点で許可されています.
  3. 選択リストから数値の元の単位を選択します, この場合は'秒あたりの命令数'です.
  4. 最後に数値を変換したい単位を選択します, この場合は'ヨタ-IPS [YIPS]'です.
  5. その後結果が表示され、適切な場合は常に特定の小数点以下の桁数に切り捨てることができます.


この計算機では、元の測定単位と一緒に変換する値を入力することができます。 例:'43 秒あたりの命令数'. その場合、単位の正式名もしくは省略名を使用できます. 次に計算機は、変換する測定単位のカテゴリーを決定します, この場合は'コンピュータの性能 (IPS)'です. その後、入力された値が適切な単位に変換されます。リストには最初に求めた変換も表示されます. 次のように変換する数値を入力することもできます:'97 秒あたりの命令数 を YIPS' 、 '41 秒あたりの命令数 に YIPS'、'45 秒あたりの命令数 -> ヨタ-IPS'、'29 秒あたりの命令数 = YIPS' 、 '44 秒あたりの命令数 を ヨタ-IPS' 、 '93 秒あたりの命令数 に ヨタ-IPS'。この場合、計算機は元の数値が具体的にどの単位に変換されるべきかすぐに判断します. どの方法を使用するにしても、無数のカテゴリーや単位の膨大なリストの中から適切なものを探すという面倒な作業を省くことができます。 計算機がわずかな時間ですべての作業を代わりに行います.

さらに計算機では数式を使用することができます。その結果、数字が互いに考慮されるだけでなく(例: '(59 * 90) 秒あたりの命令数')、変換に異なった測定単位を組み合わせることができます。例: '43 秒あたりの命令数 + 129 ヨタ-IPS' 、'88mm x 81cm x 32dm = ? cm^3'。上記のように組み合わされた測定単位は当然互いに適合し、意味を成している必要があります.

「科学的記数法の数」横にチェックされている場合、答えは指数関数として表示されます。例: 5,062 499 953 931 2×1026。この形式の表示では、数は指数( 26)と実際の数( 5,062 499 953 931 2)に分割されます。例えばポケット計算機のように表示できる数字が限られている装置の場合は5,062 499 953 931 2E+26のように表記する方法もあります。これにより、特に非常に大きい数値や非常に小さい数値が読みやすくなります。上記の例では、次のように表示されます506 249 995 393 120 000 000 000 000. 結果の表示に関係なく、この計算機の最大の精度は14桁です。 これはほとんどのアプリケーションにおいて十分な精度です.